母乳育児の準備とケア

なぜ母乳がいいのか知っていますか?

母乳育児は赤ちゃんとママの絆を深めるだけでなく、いいことがたくさんあります。母乳のことをたくさん知って、産後すぐに始まる母乳育児にそなえましょう。
人間の赤ちゃんは母乳を飲むことを前提として発達・発育のプログラムが組まれています。
そのため、母乳には体の発達に欠かせないたんぱく質や脂肪、脳や神経系の発達に欠かせない乳糖のほか、ビタミンやミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれ、消化吸収もバツグン。しかも、母乳だけに含まれる乳糖は栄養素となるだけでなく、赤ちゃんを病気から守る働きもあります。とくに出産後はじめて出る母乳は初乳と呼ばれ、免疫抗体が多く含まれているので、ぜひあげたいものです。出産後5日たつと免疫抗体の量が減っていくため、できる限り早めにあげましょう。また、母乳はそれぞれの赤ちゃんにオーダーメードで作られるもの。ママが風邪などの病気や貧血にかかると、その免疫がおっぱいを通して赤ちゃんにいくため、赤ちゃんはその病気にかかりにくく、かかっても軽くすむこともわかっています。赤ちゃんにとってママのおっぱいを吸うことは、おなかが満たされると同時に安心感で心も満たされます。授乳を繰り返すことで、赤ちゃんの心に信頼感が生まれます。
つまり母乳育児は、赤ちゃんの心を健やかに育むという重要な働きをしているという意味もあります。